草取りでお庭スッキリ│業者依頼で手間暇を減らす

女性

山林の手入れ方法

芝生

昭和30年から40年頃に経済の発展と共にたくさんの木が伐採されました。そのため、多くの山で植林が行われました。時が経ち、植林された木が生い茂っています。山林を有効に活用するために、手入れが必要になり、山を透かす間伐か必要になってきます。間伐にはいくつか種類があります。どの高さの木を間伐するのか、または木を選ばずに2本おきに間伐する、などその森林にあった方法で進めていきます。混み合っている森林に必要な間伐を行い手入れをすることで、木の成長が良くなり、林業の収益が上がり、二酸化炭素の吸収が多くなります。間伐は木を切って終わり出はなく、間伐材は割りばしや集成材など様々な製品として利用することができます。

放置された山林が多く、手入れを行っていないとどんどん弱ってしまいます。山林の手入れをすることは様々な良い結果をもたらします。間伐をすることで木がよく成長し二酸化炭素の吸収が多くなることは環境問題の改善に繋がります。水源としての機能も高くなります。弱い木ばかりだと、大雨が降った際に山への雨水の浸透が悪くなり土砂崩れなどの災害が起こります。近年の異常気象などを踏まえて、山林の手入れの必要性は高まっています。ゲリラ豪雨などで土地が崩れてしまわないためにも、間伐による木々の間引きは定期的に行っておきましょう。技術がない方や体力的に無理という方は、専門業者による間伐がお勧めです。短時間で一定区画の間伐を行ってくれるので、土地の安全のために是非依頼しましょう。

Copyright© 2016 草取りでお庭スッキリ│業者依頼で手間暇を減らす All Rights Reserved.